· 

BIMによる設計①

設計業務の傍ら当室ではBIMによる設計手法の活用を模索しています。

BIM(ビム)とはBuilding Information Modeling(ビルディングインフォメーションモデリング)の略で床、壁、天井、屋根、窓、構造、仕上げといった属性を持つ3次元の建築モデルをコンピュータ上に構築するCADシステムです。

 

初めてこのBIMという言葉を聞く方にわかりやすく説明すれば、パソコンの中に建築模型の住宅もしくは建物を1棟まるごと作り込むという表現がよろしいでしょうか。

 

BIM における詳しい解説や事例等は他の方のサイトや熟練でお使いの方々に譲るとしまして、ここでは当室におけるBIMの基本的な利点や活用法をお伝えしてみたいと思います。といっても当室でもまだ活用模索の最中にいる段階なので取り組みながらお伝えして参ります。ですので既にBIMを取り組まれていらっしゃる方などでBIMによる方法論の違いなどをこの場で議論する目的ではありませんのでその点はご理解頂きますようお願いします。

 

これまで当室では建築設計業務の中で2Dによる汎用CADを使用して建築図書と言われる図面のすべてを作成していました。プレゼンにおいては別の3Dソフトを使用してます。

 

汎用CADとは簡単に申し上げると3次元の属性のない2次元の図面作成ツールです。分かりやすくお伝えすればコンピュータの中で一本一本線を重ねながら図面を一枚一枚作成していくのが汎用CADと言われます。そこには3次元の情報はないのでそれぞれの図面は一枚一枚が単独の存在として保存され出力や閲覧が出来るのが汎用CADの特徴です。

 

汎用CADの良さは手描きのように壁なら壁線をツールで選び線を引く、窓なら窓の形状を図形や線を重ね描いていく、という様に手で描くような感覚で図面を作成出来ることも大きな特徴です。現在多くの建設企業様や建築事務所様で使用されています。

 

一方BIMというものは冒頭でお伝えした様に、コンピュータ(BIMソフト)の中にそれぞれの部位(床、壁、天井、屋根、窓、構造、設備、他)がありその材料の種類や仕上げ名の他、その材料ごとの厚みの指定や下地から仕上げまでの構成順位の設定また2次元での表現方法から3次元での表現方法など部位ごとに構築をするための属性が組み込まれています。

 

そのためBIMを使用して建築モデル(3D)を作成した場合はすべての部位は単なる線の集合でなく属性を持つパーツとなり変更や修正が起きた際はそのパーツが持つ属性を変更することで瞬時にその部位の変更や修正が更新されるのが大きな特徴です。

前置きが少し長くなりましたが、建築業務の中では計画着手から工事着手に至るまで大なり小なりと計画を見直したり、何度も検討を重ねることが多くありその際に発生した変更部位については一枚づつ作成した図面の修正に手間や時間を必要としていました。

BIMによる設計ではその建物に関わる設計図面を作成するよりも前にその設計する建物を3次元のモデルでコンピュータの中に構築し、そのモデルからすべての図面を切り出しを行うことで設計図面を作成していくという流れになります。すべての部位は属性を持って干渉しあっているためどこかを変更すれば他の部位も瞬時に変更が更新されるため図面通しの不備や手直しミスが起きないことが大きなメリットです。

 

今までのように2次元の図面を作成する手間や時間は大きく省ける一方3次元の建築モデルを作成する手間と時間はある程度要します。が、何よりもまず変更や修正が起きた場合に図面通しの食い違いや修正漏れなどの間違いがなくなることの他に、建物すべてを確認しながら設計を進めて行けることに大きな魅力を感じています。もちろんお客様へのプレゼンにも活かせることにも大きく期待が持てます。

 

まだ模索の中ではありますが設計でも施工でも大いに使えるツールだと実感しています。

これからBIMでの設計を業務に活用して参ります。

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日NEW!



とやま建築デザイン室