· 

天井断熱工事

3世代の家の現場進捗状況です。

本日は2階住居の天井裏に予定していたセルロース断熱の吹き込み工事が行われました。

セルロース断熱については過去出来事にて紹介しています。→「セルロース断熱工事

 

写真は作業員の方が屋外にて梱包されたセルロースを袋から取り出す様子です。

圧縮梱包されたセルロースを専用機械に取り出しポンプ圧送で施工場所へと送ります。

2階居室天井点検口より天井裏へと送り込みます。

天井裏のセルロース吹き込み施工の様子。

圧送にて送られて来たセルロースを作業員の方が隙間なく吹き込んで行きます。

作業時は吹き込みによりセルロースの細かな繊維が舞うためマスクを着けて吹き込んで行きます。

吹き込まれた後のセルロース断熱材。

 

本日の確認はここまででしたので後日吹き込み厚さを計測することになります。

 

断熱材の施工はどの断熱材でも隙間なく行うのが最も重要なポイント。

そうした意味でもセルロースによる吹込み断熱は隙間が生まれないため気密性を確保し易い断熱材といえます。

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室