一年点検伺い

昨年お引渡しを終えた「石河内の家」に一年点検のためお伺いしました。

 

今回の訪問は完成から一年目でお伺いとしては半年点検以来となりました。

 

外観の調査を先に行い特に経過上問題がないことを確認。壁や基礎など割れや汚れもなくきれいな状態で維持されていて安心しました。

 

外部調査の後内部にお邪魔させて頂くとお出迎えのスキップの階段。

写真はお客様のプライバシー上限定となりますが、小物から家具までいい具合にお客様が選ばれた趣向が取り入れされて竣工当時からほどよい暮らしぶりが伺えました。

 

上のフロアに上がると出迎えたのは薪ストーブ。こちらもワンシーズンを過ごして程よい使用感が感じられ空間にも馴染んで来てる様子でした。やはり存在感があります。

フロアに採用した杉の床板も当初より色合いが馴染んで来ていました。

リビングの上に設けた吹き抜けは冬場は部屋の奥まで陽ざしが差し込み薪ストーブ一つで暖かくすごされた様子でした。

外には新たに薪置き場が作られていて次の冬に向けての乾燥の準備がされていました。

 

標高の高い山間部での気候は街中とは状況が異なるもの。

今回ワンシーズンを暮されたお客様の声を聞き、冷暖房の効果や現状などあらためて吹き抜けの住まいの空間について知る機会を頂きました。

 

次回はまた2年後のお伺い。

これらもご家族で末長く暮らしを楽しんで頂きたいと思います。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室