半年点検訪問

 

 

年の瀬が押し迫る中、デザイン室では次の建設予定となるプロジェクトの設計作業を

 

進めています。(※プロジェクトはホームページで公開予定)

 

そんな中、今年6月に引渡しを行った石河内の家の半年点検に伺わせてもらいました。

 

 

この家はリビングに薪ストーブを導入されたこともあり夏以来訪問していなく

 

ちょうどこの期、冬の暮らしぶりをお伺いするのも目的のひとつでした。

 

 

生憎と表してよいかわかりませんが、この日は天候も暖かく日中ということあり

 

薪ストーブに火は入っていなかったものの、炎のある暮らしを楽しまれているとあって

 

その様子も薪ストーブのお使いの様子から感じられました。

 

 

点検では引渡し後に現れた室内の変化や不具合などを住まい手さんの説明を聞きながら

 

確認。壁や床の変化や小さな不具合などが現れたこともあり、必要な箇所は改めて手直し

 

を行う運びとなりました。

 

 

引渡し後にお伺いするのは設計者としては何を言われるものかと..やや緊張もありますが

 

概ね暮らしそのものを楽しまれている様子で今日のところは安心させて頂きました。

 

 

あらためて今後もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室