現場日記0521


今年2月から着工した「n-house」です。


五月も下旬に移り現場を取り巻く風景も緑深くなってきました。


工事は現在内部工事と外部工事と分けられ、来月の完成に向けて職人さんの手により


着々と進められています。


今日は内部造作の進行状況の確認と共に、お施主様と内部階段に設ける造作手すりの


打合わせを行いました。




階段の手すりは既製品でも多数流通されていますが、自然の質感を生かした家づくりでは


形状や質感などしっくりくるものがあまりなく、現場造作で製作することが常です。


今回もオリジナルの手すりを現場で仮組みし、設置する壁に取り付けて確認しました。



こちらは階段床板から75センチで取り付けを行ってみた様子です。


高さは人の身長や腕の長さ等によりそれぞれ違いがあるため、実際にこの高さでお客様に


手を掛けてもらい、階段を登り降りして頂きながら高さ加減を確かめてもらいました。



結果として床から70センチを切ると低く感じることがわかり72センチ辺りの高さが自然


に手を添えられ良い高さであることを確認しました。



工事もまもなく終盤を迎えるところまで近づき、各部屋の窓から風景も眺められるほどに


なってきました。今回の住宅はどこから外を眺めても緑豊かな景色が堪能出来る家です。


完成は来月上旬の予定。


引き続き、完成まで工事の様子を見届けて参ります。






 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室