現場日記

 

緑豊かな里山に建つ「N-honse」の現場が着々と進められています。

 

4月半ばの現在内部では壁下地の断熱材のはめ込みを終えて天井の仕上げとなるシナ合板

 

を張り進めている状況です。

 

天井の形状が屋根の勾配を利用した形とあり室内にもその形が見受けられます。

 

 


外部においては外壁の下地工事を終えて仕上材となる外装板の張り込みを進めています。


外装の仕上げは意匠的な目的から1階と2階の色を変えて張り分ける計画となってます。



1階の工事においては窓辺に配置される予定のキッチンを現場で仮組みで作ってもらい、


カウンターの高さや窓までの距離などをNさんご家族に実際に確かめてもらいました。


実際Nさんご家族にカウンターの前に立ってもらうと、窓のクレセント(鍵)の位置まで


手が届かないことがわかり、クレセントの位置を下げる形で調整することになりました。




そのほか電気工事に関わる部分では職人さんと共に図面を基に、器具の取り付ける高さや


スイッチ類の設置場所について確認を行いました。




屋根には薪ストーブの煙突も無事に設けられ、より家らしさが現れ始めました。


引き続き現場に通いながら工事の監理を務めて参ります。



 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室