工事監理

先月末から着手した新築の住宅工事。


本日基礎の配筋施工の工程に沿って初回目の配筋検査を現場で確認しました。


写真でお見受けの通りに住宅が建つ敷地は1mの高低差があり、今回は下層レベルの


鉄筋の施工状況についての確認を行いました。

写真でみると立ち上がりの鉄筋が通常の長さよりも長くなっていることがわかります。


そのため上下の主筋と呼ばれる鉄筋にはいつもより太い径の鉄筋が施されてあります。

立ち上がり鉄筋の端部は一本一本180度に曲げることによってコンクリートへの定着力が


増しせん断破壊への抵抗にも有効に作用します。


来週は土間コンクリート打設と立ち上がり基礎の配筋が行われます。



豊かなロケーションに建つ一軒の家づくりを


これからひとつひとつ確認しながら完成を見つめて参ります。



 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室