ショールーム打合せ

ショールーム打合せ風景
ショールーム打合せ風景

 

本日はリフォーム計画を進めている住まい手様と共に、住宅機器メーカーの

 

ショールーム打合せに同行しました。

 

 

家づくりを進める中で必ず現れてくる水回りを含めた計画は、最初こそイメージ

 

についての話しなどが主になりますが、材種や材質、色や大きさといったことに

 

なると、やはり現物を見て感じて頂くことが一番分かりやすく、求めたいものが

 

どのようなものなのかを体感することによってより理解に結びます。

 

特にキッチンは暮らしの中でも毎日扱う場所であり、調理から後片付けといった

 

行為に伴う様々な機能や使い勝手が関わる部分でもあります。

 

 

今回の住まい手様は打合せを複数回重ねながら、サンプルや見本を通じて現物を

 

確かめられながら、ようやく納得の得られる位置まで進んで頂きました。

 

 

住宅機器メーカーの取り組みや商品開発も様々に新しい機能や機種が登場し、

 

その度に作り手側もいい意味での刺激と学びを重ねている次第です。

 


やはり体感(見て触れて感じて)することは、家づくりの中では特に大切な要素

 

と感じました。

 

 

住まい手様と共に8ヶ月続けてきた設計もまもなく終了を迎えるところです。

 

 

工事着工は6月半ばからの予定。

 

着手に向けて引き続き精を出して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室