壁内劣化

本日、現在進めているリフォーム現場から既存壁内の劣化状況があることが分り

 

現場での対応に向かいました。

現場で様子を伺うと増築を行うために取り剥がした壁の下地が手で触れると簡単に

 

崩れるほどの状態であることが分かりました。

壁内劣化の様子
壁内劣化の様子

原因は壁内の通気が全く機能されていないことと、上部の窓からの雨水侵入の際

 

の水気と湿気が抜け切れていなかったことが原因の一つと断定しました。

 

リフォームの現場ではこのような現況に出会うことは前提ですが、やはり開けて

 

見て初めて知る事実だけに毎回緊張と戸惑いが繰返します。

 

 

今回は直ぐにお施主様へとご報告を差し上げ、この状態を見て見ぬふりをして過

 

ごすわけにいかないことを伝え、新たに本工事に加えて劣化部分は下地から取り

 

替える方向へと向かいました。

 

改めて木造の建物に必要な防水と通気の二つの機能の大切さを認識しました。

 

 

 

その後現場作業員の職人さんと屋根の施工を原寸図を起こしながら、納まりなど

 

の取り合いについてお互いに確認しました。

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室