· 

謹賀新年

 

明けましておめでとうございます。

 

2014年 新しい一年の幕開けを迎え、皆様方にはお慶びのことと存じます。

 

昨年の一年の流れから今年の事をイメージしている私ですが、おそらく今年も

 

ご依頼やお仕事の中で住まいを創ることに、悩みと苦しみを繰り返しながらも

 

結びとしての歓びのために、ひとつひとつの物事に励んでいく様、想像をして

 

いることろです。

 

 

さて、今年2014年は干支で表しますと甲午(きのえうま・こうご)という

 

年にあたります。

 

十干の甲(きのえ・陽)には、樹木の種子の硬い状態にあることを表し、物事

 

の成長や膨張といった伸長性や拡大といった意味を表す字であります。

 

 

一方の十二支にあたる午(うま・ご)というには正午や端午の節句などの言葉

 

に現れるよう、陰の気が陽の気に逆らい陽の気が衰退する意味を持つ字です。

 

 

その文字の組み合わせの意味から今年一年を先読みすると、胸中で温めていた

 

想いやアイデアから新しい革命や発見などが現れてくる年とも言えるでしょう

 

か。。。あるいは、今まで硬い感情や囚われで覆われていたものが陰りを見せ

 

て落ち着きを迎える。。。そんな年にもあるのでしょうか。。

 

 

ちなみに私の12年前の午年を振返りますと、ちょうど一級建築士の設計製図

 

試験に挑んだ年でした。その年の結びでは合格という有難いご褒美を頂いた一

 

生の思い出に残る一年として記憶に残っています。

 

そして迎えた2014年の今年、事業の傍らで必然にもその一級建築士の設計

 

製図の講師という大役を初めて預かる一年として迎えることが決まっています。

 

そういう意味では私も資格を取得した12年前の原点に一旦戻り、今度は自身

 

が受講生に合格を与える役としては大きな意味と責任を感じます。この大役を

 

どのように務められるかは今年の目標のひとつですが、私が得た歓びを建築士

 

を目指す皆様に与えらるように励んで行きたいと思います。

 

もちろん本業での設計活動も同様に励んで参ります。

 

 

最後に、午の字に読み当てられた馬の年でありますから、良い意味で馬の持つ

 

繊細で臆病な性質と、華麗で大胆な性質の両方を今年の所業の中で両立させな

 

がら駆けて行ける一年に望みます。

 

 

今年も一年どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

                          2014年 一月吉日

 

 

                        とやま建築デザイン室

 

                             外山 秋人

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室