模型作り

 

現在、デザイン室で進行中のリフォーム計画依頼の建物について、

 

リフォーム後のモデルとなる模型作りを進めています。

 

模型を作る目的は様々な意味がありますが、まずはやはり計画で

 

意図する形や空間がどのように出来上がるのかを確認することが

 

挙げられます。

 

空間の計画は、最初はまず頭の中での空想や発想からぼんやりと

 

したもので想起されてきます。しかしその状態は形のないイメージ

 

だけのもの。そのイメージを紙に描き、だんだんと空間のイメージ

 

を固めて行きます。

 

そのイメージがだいたい掴めたところで、平面や立面といった

 

2次元の設計図が出来上がります。ただし、紙に描いたものは

 

2次元での図でしかありません。そこで計画した立体を掴むため

 

の作業が必要になってきます。

 

最近では3Dソフトの出現によって、紙面での立体的なイメージ

 

作りが可能になりました。そういう意味では模型を作る必要性は

 

少なくなったように思われます。

 

しかし、模型にはコンピュータソフトで作成した立体的なものと

 

比較して第一に、明確でわかりやすいということが挙げられます。

 

模型を利用すると、計画者(設計者)からは説明しやすいツール

 

であり、依頼者側は空間をひと目で認識出来ることにつながります。

 

それでいてミニチュアで製作されたものには何かとワクワクとする

 

ものです。

 

模型作りは手間はかかりますが、その手間は決して無駄になるもの

 

でなく、むしろ計画する意図を再確認する重要なステップだと認識

 

しています。

 

今後、残りの製作を進めて意図する空間を完成させて参ります。

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室