· 

自然素材を求めて

 

昨日は住宅で使うための自然素材を求めて、九州霧島連山の麓にある

 

小さな町へと足を運んで参りました。

 

この場所は活火山である九州霧島連山から約20kの位置にあり、周り

 

を小さな里山に囲まれたのどかな場所の中にあります。

 

実際に訪れると眼前は山と畑に囲まれ、小さな民家がある程度で、他は

 

小さな川が流れているような場所でした。

 

 

今回ここを訪ねた目的は、住宅の内装や外装として使うことの出来る

 

自然素材の『シラス』を求めて足を運びました。

 

『シラス』を短く簡単にご説明すると、火山灰を活用した塗り壁材の

 

ことです。漢字で表すと白洲(しらす)と書きます。

 

このシラスがここ南九州の里山の中で採取され、現在、全国の住宅や

 

建築の現場で内装材および外装材で活用されているところです。

 

 

シラスの採取は全国でもこの南九州一体でしかなく、一般に海から採取

 

されている珪藻土(けいそうど)類の素材と比べるとマイナーなものです

 

が、実は多くの面で優れた機能を持つ活用的な自然素材なのです。

 

今回は採取現場に直に足を運び、採取された生のシラスを直接目の前で

 

見たり触ったりすることの出来る機会を得られました。

 

実際目で見て手にとってみた感想としては、まさに自然素材そのもので

 

あったということ。そして、環境にも配慮されてある資材でもありました。

 

 

シラスの詳しいことについては改めてこのページでお伝えしたいと望みます。

 

これからこのシラスを住まいの素材へと活用して参ります。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日NEW!



とやま建築デザイン室