· 

契約前の説明業務

 

本日、新しい改修工事の設計依頼を頂いたお客様(建築主)へ

 

建築設計の契約締結前に先立って行う「重要事項説明」を致しました。

 

この「重要事項説明」は平成20年11月の建築士法改正で施行された

 

もので、設計・工事監理契約が締結される前にその契約締結前にあらか

 

じめ、建築主に対して設計及び工事監理の業務内容について説明を行う

 

ものです。

 

 

説明を行うものは、対象となる建築物の概要から作成する設計図書の種類、

 

工事監理の方法や設計監理に従事する建築士の氏名や資格の他、業務の報酬

 

などについて求められます。

 

一昔まではこのような事前説明はもちろんなかったわけですが、時代の変化

 

によって、自身が行う業務内容の説明に対して責任というものが求められる

 

ことになりました。

 

 

建築の設計(住まいも含めて)を依頼する、また依頼を受ける、という関係

 

は、そこに信頼という関係性がなくては成り立たないことは言うまでもあり

 

ませんが、書類があってもなくてもその関係性の維持が一番大切だと感じて

 

います。

 

この書類は法的なものとしてありますが、信頼関係を築くための努力と務め

 

は私たちひとりひとりの建築士の働きに委ねられています。

 

 

今日の説明から、普段行っている務めに新たに気を込めて参ります。

 

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室