リフォーム現場

 

本日から平成25年の新年度が始まりました。

 

新年度のスタートが月曜日から始まるというのも、気持ちを

 

整える上でとてもいいスタートになります。

 

新年度最初の更新は2月から進めていますリフォーム工事の現場

 

からの報告です。

 

 

先週に施工された基礎工事も整い、一部増築となる建家の建て方

 

工事に取り掛かっています。

 

以前からすると基礎もしっかりと施され、見た目的にも安定して

 

きた様子です。もちろん構造としても安全に造られています。

 

 

こうして既存の骨組みを生かしたリフォームというのは、新築と

 

変わり、既存との取り合いや部材同士の納まりなど考慮すること

 

が多くあり、その現場それぞれに技術や工夫が求められます。

 

古いものも活かしながら新しいものと融合させる...。文章で書く

 

とさらりと聞こえますが、時にはどうする...これ...、なんてこと

 

もあったりして判断に苦悩することも多くあるのです。

 

 

それだけに全てが(納まりや仕上がり)適切に結んだ時には、

 

気持ちが良く、やり甲斐と共に歓びを感じることが出来ます。

 

それにはやはり現場に足を運び、職人さんや現場監督さんの意見

 

にも耳を傾け、そこで与えられる最良の選択を重ねていくことが

 

大切なことと認識を持ちます。

 

 

ひとつの住宅を再生させるには、設計者ひとりの力だけでなく、

 

お住まいのご家族の想いと共に、優れた技術を持った職人さんや

 

専門業の方たちの働きと協力によって初めて可能になるものです。

 

 

その気持ちを感じながら、引き続き現場を進めて参ります。

 

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室