構造検査

 

昨日、現在進めている耐震リフォーム工事の現場にて、行政の立会いによる

 

構造検査(中間検査)を行いました。

 

構造検査の目的は、耐震補強として計画された構造壁に、その壁に必要となる

 

補強金物の設置状況を、補助事業工事として適切に施工されているかどうかを

 

現場で確認するものです。

 

図面に記載されたものと照らし合わせしながら、金物の仕様と取り付け状況を

 

行政の担当者と共に確認を行いました。

 

 

木造の建物は、木材の品質(乾燥の具合)を第一に、材木同士を接合する施し

 

の部分が最も重要な所に当たります。この材木同士を接合する状況によっては

 

接合の強度も大きく変わり、誤った施しとなれば地震や風圧による外力等によっ

 

て、大きな揺れや変形が起こりやすくなります。

 

木造の建物ではこうした材木同士の接合部をしっかりと施すことで、はじめ

 

木を用いた構造として成り立ち、地震や風に対抗出来る建物として能します。

 

 

この検査を終えて、仕上げ工事の前提となる内装工事の準備に取り掛かること

 

に進んで参ります。

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室