配筋検査

 

今日は現在進めているリフォーム工事の現場で、基礎コンクリートの

 

配筋検査を実施しました。

 

 

配筋とはコンクリートを打設(打ち込む)する前に先立って、設計で決められた

 

間隔に従って鉄筋を組み立てることです。配筋の検査は、設計で決められた通り

 

に鉄筋が施されているかを現場で確認する業務です。

 

検査は鉄筋の間隔の他、鉄筋を重ねている継ぎ手の長さや、コンクリートが打た

 

れた後の被り厚さ(コンクリートと鉄筋の離れ)などを採寸して確認します。

 

 

今日はいくつかの所で被り厚さが不足している部分がありましたので、現場で

 

コンクリートを打つ前に手直しをするように施工者に伝えました。

 

この検査を終えて、次のコンクリート工事へと進んで行きます。

 

 

引き続き、設計図を手に施工品質を確かめながら現場の監理が続きます。

 

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室