· 

耐震リフォーム工事着工

 

 

 

以前よりお住まい主様のご依頼で計画を進めて参りましたリフォーム工事が

 

本日いよいよ着工となりました。

 

この住まいは昭和55年に建築された築32年のご住宅。

 

今回この住まいの耐震構造を向上させて、現代の建築基準法の仕様規定を

 

満たす構造強度にするために補強させて行きます。また、住宅の水平レベル

 

が大きく傾いているために、新しく基礎を造りながら沈下修正工事も行う

 

予定です。

 

今回は工事の規模が大きいため、お住まい主様にもご協力を頂いて、別に仮

 

住まいを設けて頂いての工事となりました。ご協力ありがとうございます。

 

 

 

今回は耐震工事と合わせて、内装のフルリフォームとなるため、既存の天井

 

もすべて剥がしました。天井を剥がすとそこに現れたのは建築時に上棟した

 

際に設けられた棟札(むねふだ)がお目見えしました。(上写真)

 

棟札には建築主であるお施主様のご家族の名前の他、家を祀る神々の名前と

 

上棟した年月日などが記されます。

 

通常は上棟の際に屋根裏の束柱に打ち付けられた後、天井に塞がれて見え

 

なくなってしまうため、住み始めてからはほとんど忘れ去られるものです。

 

この棟札は見えない所から、実に家族の想い出と共にこの住まいを32年間

 

守り抜いてくれた証でもあります。 ほんとにありがたいものです。

 

 

工事はこれから年末までの約2ヶ月間。

 

お住まい主様にも新しくなったお住まいで、よいお正月を迎えて頂きたく

 

工事は急ピッチで進められて行きます。

 

 

想い出のたくさん詰まったこの住まいをお預かりしながら、まだまだ続く

 

家族の新しい暮らしの器へと、これから手を施して参ります。

 

 

 

耐震リフォーム工事いよいよ、スタートです!

 

 

 

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室