設計図書の製本

 

本日は来月から始まるリフォーム工事に向けての設計図書の製本づくりを

 

行いました。設計図書とは建築工事を行う際、設計の意図やデザインの他、

 

法律で定められた様々な仕様や規定を図や表にまとめ、工事として扱える

 

図面のことです。

 

設計図はそうした工事を進める上では無くては成らない大切なものです。

 

ただし設計図は決して万能な存在ではありません。設計で描かれたことを

 

現場の中で進める際、部材の納まりや材料の選定など、設計図では描かれ

 

ない事柄も多く、そうした内容については施工図や現場での打ち合わせ等

 

によって決断して行きます。

 

お住まい主からの厚い想いから託された設計図は、夢のマイホームへの

 

羅針盤的なものであり、パスポートとも言えます。

 

今回の工事は耐震補強を兼ねたリフォーム工事。

 

お住まい主の大切な財産を預かる想いで、工事前の準備を整えて参ります。

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室