補強計画の続き

 

只今、耐震診断を実施した数件の住宅について、耐震補強の計画を進めています。

 

診断では構造的な評価が低く、補強が必要な判定に至ることが通常で、その報告

 

をさせて頂いたお住まい手からの依頼で、補強計画を検討しています。

 

補強計画は、評価判定で「倒壊する可能性が高い」と診断されたものを、必要な

 

構造補強の施しを図り、既存の判定評価を「一応倒壊しない」とされるレベルの

 

評価判定=1.0 〜 1.5 の強度まで向上させることが目的です。

 

構造強度は必要な箇所に、補強壁を施していけば数値は上がっていきますが、

 

大切なのは、その補強となる壁の配置=バランス、です。

 

住まいに地震の力が与えられた時に、バランスの採れた住まいとそうでない

 

住まいでは、損傷や倒壊にも大きく違いが現れてきます。

 

計画ではそのバランスを確認しながら補強案を作成して行きます。

 

 

今日はその計画に合わせて、補強工事の目安となる概算費の作成も行いました。

 

近日にまとめ、住まい手に提出の予定です。

 

 

引き続き、自身の務めに気を締めて参ります。

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室