· 

壁躯体配筋検査

高鍋町で進めている歯科医院の増築工事

現場は空梅雨の中着々と進捗し増築部分を取り巻く壁の鉄筋組が現れて来ました。

 

増築スペースの横幅は4.3メートル、躯体高さ3.25メートル

工程上型枠を片側だけ先に施工し検査のために鉄筋を現し検査後にもう片側のパネル

をはめ込み躯体壁を構築していく流れです。

 

毎度のことですが壁が施されると一気に図面で描いていたり頭でイメージしていたもの

形やスケール感が突如として姿を現します。この瞬間は毎回新鮮な感覚です。

 

増築部分の先端は半径2.15メートルの円形で緩やかな弧を描いた壁となります。

上下の壁に挟まれた部分がR型の曲名窓となりそれにあわせ外部内部の壁面を施工します。

足場台から増築先端部をのぞき込むと曲面壁の様子が更に際立って見えます。

ただしこの高さからは工事中のみ見ることが出来るため完成後は見ることが出来ません。

今回も構造計画を担当した構造事務所の方へ立ち合いのもとに鉄筋検査を行い設計図通りの施工状況であることを確認しました。

 

引き続き監理を行いながら次の屋根スラブの鉄筋工事へと移行していきます。

 

 

 

 

 建築士とやまの日常記

●とやまあきと個人ブログ

  「日日是好日



とやま建築デザイン室